読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地下100kmの世界

ガリレオX「新たな島が誕生!?海底火山から探る地球内部の謎」

BSフジ
2014/02/09 11:30:00
(00:30:00)

 

西之島の隣に昨年誕生した新島は実は「火山の一角」で、富士山に匹敵する高さの海底火山だという。

そして、西之島自体も1973年に噴火によって出来た部分と、1万年前にできた部分があるという。

 

この地域の海底には、直径1kmにおよぶ火口があって、西之島も新島も同じ火山から噴火しているのだが、西之島の旧島と新島の岩石の成分は異なるそうだ。今回の新島の調査により、マグマがどのように変化しているか、さらに研究が進みそうだ。

 

マントルが溶けてマグマができ、それが地上に出て火山となるわけだが、今回、出来たてのマグマ「初生マグマ」が海洋研究開発機構の田村芳彦氏によって世界で初めて発見された。マグマ溜まりを経由したマグマとは異なり、地下100kmの様子がよく分かるという。

 

田村氏は、西之島の初生マグマを明らかにしたいと語る。

 

それにしても地下100kmって、上空に向かえばもはや宇宙なんだよな。